VR TECH

VRの新しい可能性を模索するメディア

テクノロジー

【1000円から】人気のiPhoneVRゴーグル9つとおすすめVRアプリ!

2018/03/28

いま話題のVR。じつは、手持ちのスマートフォンでも手軽にVR体験のできることを知っていましたか?

VRを楽しむためには、ヘッドマウントディスプレイとよばれる専用のゴーグルが必要です。

PC用の本格的なものだと10万など高額なものが多いですが、スマホ用であれば1000円からお試しできます!

そこで今回、iPhoneで使えるおすすめVRゴーグルと、専用のアプリ5選を紹介します!

おすすめのiPhone用VRゴーグル

HooToo VRメガネ HT-VR002


アマゾンの売り上げでベストセラー1位のスマホ用ゴーグルです。

歪みの少ない102度のワイドビジョンは、VRをより本格的に体験することが可能です。フォーカス距離調整(2.1”- 2.9”/ 55mm – 75mm) が可能になっているので、近視の人でも快適に鮮明な画像で楽しめます。

値段:2,000円

販売サイトはこちら

各社のVRゴーグルごとに微妙に規格が違うようで、使用前に各アプリ側で設定をする必要があるようです。たとえばYoutubeなら[VRviewモード時に設定ボタン(歯車)]→[ビューワを切り替えるボタン]→[本体側部のQRコード読み込み]で、この商品に最適な設定になるようです。この仕組みに気づいた後は、見違えるように臨場感ある体験ができました
出典:Amazonレビュー

画面がとても綺麗に見えました。酔うこともなく使用できています
出典:Amazonレビュー

VOX 3DVR ゴーグル


価格とスペックの面で最もコスパが良く、スマホ用VRゴーグルのスタンダードといえます。

4~5.5インチで、本体のツマミを回すことでピント調節が可能なので、近視の方も裸眼で使用できます。

もしどれがいいか迷う方には、まずはこれがおすすめです。

値段:1,977円

販売サイトはこちら

初めてのVR体験でしたが、2千円もしない価格で実現できるとは思いませんでした。もちろんスマホ有りきですが。結構リアルでジェットコースター動画は実際より気持ち悪くなる感じさえしました。
出典:Amazonレビュー

性能には問題無いのですが、個人的には頭が大きいので固定のゴムバンドにもう少し調節幅が欲しかったです。
出典:Amazonレビュー

VOX PLUS BE 3DVR

こちらは上のVOX PLUS 3DVRにヘッドホンを実装したタイプです。
そのため、より臨場感のあるVR体験ができます。

側面に焦点距離と瞳孔間距離を調節できるダイヤルが付いています。また、ゴーグルを付けながら、電話が可能です。

値段:3,300円

販売サイトはこちら

初めて買ったので、他製品と比較コメントはできませんが、取説を見なくでも簡単につかえました。コンテンツにもよりますが、イヤホン付の没入感は半端ないです。価格以上の価値有ります。
出典:Amazonレビュー

JAPAN AVE.® VRヘッドセット / VRゴーグル


3.5〜6.0インチまでのほぼすべてのスマホに対応しています。

VR技術・デザインの特許を取得した工場で製造された安心の日本クオリティ

重さは399g。画質はスマホ次第ですが、使い勝手もよく、VRアプリを楽しむには十分すぎます。

値段:4,980円

販売サイトはこちら

VR機能としては良い商品なのだが、ハチマキのような機器固定では少々不安定である。加えて頭を縦方向にも固定する商品を選んだほうが無難だったと思う。
出典:Amazonレビュー

本体が思ってた以上に軽くヘッド部分も痛くなりません。何度か寝ながら動画を見ていて顔面にスマホを落として痛い思いをしていましたが、これならしっかりと固定されるので安心です(笑)
出典:Amazonレビュー

Urgod 3D VRゴーグル


4.7〜6インチまでのiPhoneに使えます。
軽度の近視ならメガネがなくても使用でき、非常に着け心地の良い設計となっています。

視野角が120度と広く、VRの臨場感を楽しめます。

値段:1,699円

販売サイトはこちら

まあこんなもんでしょ安いので十分です。鼻の周りのスキマは空きすぎ・・・出典:Amazonレビュー

まあ、3D映像は見れますが安いだけに子供のおもちゃみたいです。暇つぶしにいいかな・・・という感じ出典:Amazonレビュー

Virtoba X5 VR BOX


iPhone、Androidの4~6.2インチのスマホ対応(4.7- 6.2インチが最適)。

120°の視角で臨場感が溢れて、歪みが少ない映像を楽しめます。焦点距離と視界距離を別々に調節可能。

ヘッドセットを実装し、受話ボタン、タッチボタンによって電話が来ても、そのまま出られるようになっていて便利です。

値段:2,389円

販売サイトはこちら

口コミでも総合評価が高い、この商品にして正解でした。視野角120°はこの値段帯ではNo,1、映像も申し分なし、何よりヘッドフォンが付いてるが音質は普通に良く十分、低音がまあまあ出てるのでVOLあげると迫力あり楽しめます。
出典:Amazonレビュー

C国製とは思えないデザインされたパッケージにしっかり収まっていました。早速、iPhone6Cを装着して試してみたら、類似他品と比べて距離が短くて画面が広く見え、さらに内蔵イヤホンも効果的で臨場感バッチリ!(ただしイヤホンケーブルの位置が左右逆で延長ケーブルが必要です)。
出典:Amazonレビュー

Linkcool Google Cardboard


Amazonで大変人気の段ボールで組み立てて作るVRゴーグルです。価格も900円とかなり安く、使用感は値段相応といった感じですが、ひとまずVRを試してみたい方におすすめです。

3.5インチ〜5.0インチのスマホに対応します。

値段:900円

販売サイトはこちら

この商品、簡単でチープさが良いですね。壊れても惜しくない価格で、子供達も楽しんでます。
出典:Amazonレビュー

最初は組み立て方がわからず苦戦しましたが、なんとか組み立てることが出来ました。ですがダンボールということもあり、未使用の状態でも各部ガタついてるところが見受けられます。
一番気になるのがサイドのスイッチの部分の両面テープが、使用しているうちに剥がれるところです(^_^;)2個両方共この状態になって補強している現状です。
出典:Amazonレビュー

Leelbox 3D VRヘッドセット


4.0~6.0インチと幅広く、装着時はマグネットロックでの開閉で簡単に装着することができます。

120度の視野角と内臓ヘッドホンで迫力ある映像素楽しめます。

値段:2,099円

販売サイトはこちら

いい商品だと思います。ヘッドフォンーがついていて、画質も結構良いです。映画をよく楽しめますし、おすすめです。
出典:Amazonレビュー

ヘッドバンドもぴったりしますし、頭の動きにしっかり沿ってぐらつきもありません。軽量と相まって手で支えなくとも「ちゃんと」頭に固定できるのです。本来当たり前のことですが、重要なことだと思い知りました。
出典:Amazonレビュー

Luxebell® 3D VRメガネ


3.5 ~ 6.0インチのスマホ対応。

こちらの商品の特徴は、スマホの操作が行えるリモコンがセットになっているところ。通常リモコン単体で2000円ほどするところを付属でついているため、コスパの高い商品です。

値段:2,399円

販売サイトはこちら

iPhone6のPlusに対応していますので、小さいスマホでなければ入らないという事はありません。また、見た目のゴツさの割に、軽いです。そして、目の周りを保護するクッションがあるので長時間の使用でも疲れにくいです。
出典:Amazonレビュー

このVRヘッドセットは「焦点調節」機能がない。つまり、人の目によってあわないということだ。僕の目は合う。問題ない。
出典:Amazonレビュー

LUPHIE 3D VRゴーグル


こちらの商品はほかのVRゴーグルに比べ少し値段が高めです。4.7~6.2インチのスマホ対応。

非常に高画質で、スマホの映像を十分に楽しむことができます。視力0.03まで対応のピントの調節機能、内臓ヘッドフォンの調整など機能面でも他の安いものに比べると、十分優れています。

値段:4,999円

販売サイトはこちら

今までとまるで違う体験ができました。これは素晴らしいです。かなり目が悪い人間で、眼鏡必須なのですが、このゴーグルはピントの調整もある程度できるので、『はっきり』とはいきませんでしたが一応堪えられるぐらいにはできました。ヘッドホンの音質も悪くありません。それなりの音質だと思います。
出典:Amazonレビュー

後少しピント調整の幅があればいいのに惜しいです! そのほかは概ねいいです
出典:Amazonレビュー

iPhoneで楽しむおすすめVRアプリ

またVRゴーグルの発売と共に、VR用のアプリのコンテンツも充実してきています。

無料で楽しめるのも多くあり、ゴーグルを買ってすぐに楽しむことができます。
とくに人気のジャンルはホラーや、シューティングゲーム、シミュレーションゲームなど。

そんなVRゴーグルを使って楽しめる、おすすめのVRアプリをいくつかご紹介します!

VR Roller Coaster

このアプリはジェットコースターの3D映像が流れるだけというシンプルなものですが、スピード感や回転、左右のカーブなど迫力があって楽しめます。

360°映像なので周りを見渡すことができ、VRを初めて体験する人にはVRがどのような感じなのかがわかるオススメのアプリです。

IOS版ダウンロードページ

InMind VR (Cardboard)

VRアプリの中でも人気の高いアプリの一つ InMind VR (Cardboard)

脳の中に入り込んで害悪な細胞を破壊していくSFチックなゲームで、赤く光っている害悪細胞に視線を合わせて攻撃します。

全部で50体出現するターゲットのうち何体撃破できたかでスコアが決ります。

ステージが短いところが惜しいですが画質は良く没入感は高いです。

IOS版ダウンロードページ

VR - Crazy Car Racer : Traffic Racing Free

こちらのアプリは頭を左右に動かして車を操作し、他の車をかわす簡単な操作があります。

車のエンジン音もリアルに再現され映像も3Dで、基本無料ですが課金することによって様々な種類の車を選択することができるようになります。

IOS版ダウンロードページ

スマホ用VRゴーグルの選び方


上記で紹介したiphone用VRゴーグルはどれも一度は試してみたいおすすめ商品です。

ですが数あるVRゴーグルを選ぶのにどういう点を見るとよいのでしょうか。

対応のスマホに気を付ける

VRゴーグルにはそれぞれ対応できるスマホの大きさが決まっており、必ず自分のスマホの大きさに対応しているかをみましょう。

またスマホ自体も古いタイプだと、最新VRアプリに対応していなかったりするのでそちらも気を付けましょう。

質量をみる

またVRゴーグルの重さは100gの軽いものから700g近いものまでさまざまです。
軽い方が頭への負荷が少ないので長時間楽しむことができます。その分製品のクオリティが下がるかもしれません。

実際に店頭で試すことができる場合には、確認してみるとよいです。

価格で選ぶ

もちろん気になるのは価格ですよね。PC用と違い、スマホ用ゴーグルなら1000~3000円ほどでそれなりに楽しむことができます。

高いほど性能が良いのは確かですが、似たような価格帯では機能や形などを見てみましょう。とりあえず、という方は1000円の安いものから試してみましょう。

メガネをかけたまま見られるか?調節機能はついているか?など

ほかにもメガネを付けたまま楽しめるか、メガネがなくてもピント調節で見られるのか、ヘッド部分の装着はうまく調整できるかなどさまざまなポイントをチェックしてみましょう。

おわりに

以上、iPhoneで使えるおすすめゴーグルと、VR用アプリの紹介でした。

PC用のVRゴーグル(ヘッドマウントディスプレイ)だと、より高性能で素晴らしいVR体験ができます。

でもまずは手ごろに楽しんでみたい方のために、スマホ用だと1000円から手に入るんですね。

またサイズの小さいiPhoneだと、視界のまわりに隙間が見えてしまうため、iPhone7のような大きいサイズのもののほうが、よりVR映像を本格的に楽しむことができます

流行りのVR、ぜひ試してみては?

【関連記事はこちら】
iPhoneでプレイできるオススメVRアプリ
どれを選べばいい?おすすめのヘッドマウントディスプレイ9選!
【謎解き・ホラー】おすすめVR脱出アプリ7選

-テクノロジー