VR TECH

VRの新しい可能性を模索するメディア

ニュース

「こち亀」VR予言の神回収録!マンガでVRを解説する「JUMP VR」が12/15発売

logo-1

VRを記事やマンガでわかりやすく解説した週間少年JUMPのムック「JUMP VR」が12月5日に集英社から発売されます。

マンガや記事でわかりやすく解説!

JUMPVRでは、PSVRやHTC Vive、Oculus liftなどのハードをはじめ、約40タイトルのVRコンテンツを解説したマンガや記事で解説。

天下の漫画雑誌「JUMP」のムックとあって、本誌にて連載中の『フルチャージ!!家電ちゃん』や、「ラブライブ!」矢澤にこ役で有名な人気声優の徳井青空さんのVR体験を描いた『徳井青空がゆく!』など、作品ラインナップも充実しています。

他にもPSVRの開発秘話など、VRをテーマとした作品が名を連ねており、VRの歴史を一気に知ることができる内容になっています。

マンガラインナップはこちら

『フルチャージ!!家電ちゃん』 
作・こんちき

『徳井青空がゆく!』
作・徳井青空

『みずしな孝之のとびだせ!VR』 
作・みずしな孝之

『VR戦線異常アリ!?マンガVR興亡史』
『ニキチのVRゾーンを作った漢ども!!』
作・ニキチ

『PlayStation VR開発秘話~夢の世界へ~』
作・花田智也

VRを予言していたこち亀の神回も収録!

また特別収録として、20年以上前に現在のVRの誕生を予言していた「こち亀」の神回も再録。

pic_kame_pc
JUMP VR公式サイトではその一部が確認できます。

まさにマンガの世界が現実になっていると思うと胸アツですね!

VR業界参入のための小手調べか

ひとつ残念なのは、VRを実際に簡単に体験できるコンテンツがないということ。

マンガの世界をVRで再現したコンテンツなどを無料でダウンロードできるなどの企画の発表はまだなく、新たな層への訴求するためのムック本のようです。
現状の情報を見る限り、集英社としてVR事業へ参入するという手始めとして、作ってみたあるいは手探り感が否めないのも事実。

大手出版社としては講談社もVRコンテンツの制作に力を入れており、出版業界が今後どのようにVRに参入していくのか注目です。

【発売情報】

発売日:2016年12月15日
定価本体:1,000円+税

参考・画像出典

JUMP VR公式
facebookページ

-ニュース