VR TECH

VRの新しい可能性を模索するメディア

ニュース

ライブチャット運営のcamsoda社が人の匂いを発するVRヘッドセット「OhRoma」を発表


聴覚や視覚での再現度は高まってきたものの、どこかまだ現実味が少なかったアダルトVR。しかしついに顔の五感の半分以上を刺激するアダルト用のVRヘッドセットが販売されました。

アダルトチャットサービスを展開するCamsoda社は1月19日、嗅覚を刺激するVRヘッドセット「OhRoma」の販売を発表。camsoda社といえば昨年8月にはVRを利用したセックスライブサービスを開始しており、アダルトVRを牽引している企業です。簡単にいえば、日本でも発売が予定されているマスターベイター「Kiroo」と連動でき、遠い距離にいてもVRとこのアクセサリーを利用することで、本当にセックスをしているかのような感覚を得ることができるというもの。

【関連記事】
【レポート】アダルトVRグッズに黒船襲来!VR用マスターベイター「onyx(オニキス)」がもたらすセックスの革新ーアダルトVRエキスポin大阪

アダルトVRの現在の普及の問題点として、映像に対して受け身であること、そしてフィードバックが少ないことが挙げられており、この「OhRoma」はその点をクリアにする第一歩のデバイスとして期待されています。

「OhRoma」は3種類のボックスを内蔵。そこにそれぞれ匂いのカートリッジを差し込むことで匂いを発します。主に体臭や口臭、それ以外にも媚薬、チョコレートや花の香りといった幅広い香りを用意。バーチャルという空間を匂いによって表現し、VRのプレイヤーにさらなる没入感を与えてくれます。

すでに日本でも「VAQSO VR」と呼ばれるVR用の嗅覚デバイスが発表されるなど、視覚・聴覚に加えて第三の感覚を支配しようという試みは今後さらに加速していくでしょう。

【参考】

http://www.moguravr.com/ohroma/
http://mashable.com/2017/01/18/ohroma-vr-porn-smell-camsoda/#SR8t5mSuSkqE

-ニュース