VR TECH

VRの新しい可能性を模索するメディア

イベント

新しい創造co-creationを実現する「EDGEof」がオープン、変革を巻き起こすコミュニケーション形成の場を提供

2018/05/24

いつの時代もイノベーションが生み出されるのは、目まぐるしく生まれる数多の小さなコミュニティーからなのかもしれません。

2018年4月1日、渋谷に「EDGEof」がオープンしました。
ゲームチェンジャースタジオをコンセプトとして、日本のみならず世界の最先端のイノベーションの発信地を目指しています。

今回VRtech編集部では、EDGEofのグランドオープンイベント内で行われた記者会見を取材。

6名の創業メンバー全員が異業種という特異な株式会社EDGEofが、実現しようとしていることとは何なのか。
またVRをはじめとする新たな技術にどのような影響を与えるのか。
解説していきます。

EDGEofとは

EDGEof

2017年夏に創業した株式会社EDGEof。
Co-CEOであるケン・マスイ氏、小田嶋 Alex 太輔氏を筆頭に、水口哲也氏、ダニエル・ゴールドマン、トッド・ポーター氏、孫泰蔵氏が共同創業者として名前を連ねています。

EDGEof記者会見

左から共同創業者のダニエル・ドールドマン氏、トッド・ポーター氏、ケン・マスイ氏、小田島 Alex 太輔氏、水口哲也氏、孫泰蔵氏

「世界は、端からくつがえる」というコピーの元、多数のエキスパートが集まり、イノベーションを加速させるための様々な活動支援を画策するのが主な事業。

特徴的なデザインのロゴには、「それぞれ向いている方向は違っても、集まることで新たなエッジ(先端)を生み出す」といったEDGEofのテーマが表されています。

コワーキングではなくco-creationのための施設

今回オープンした「EDGEof」は、一見するとコワーキングスペースのように誤解されてしまいがちです。

コワーキングとは、1つの空間で独立した企業が異なる目的を持ち、それぞれの方向を向いて仕事を行っていくという考え方。

しかしEDGEofではそういった形でのスペースのシェアは行いません。
企業がそれぞれの課題を相談する場ではなく、団体・人々がアイデアや世の中にある課題を持ち寄り、集まったメンバーによって解決を目指していくco-criationスペースとしての運営を掲げています。

フロアごとにコンセプトが異なる

2Fから屋上までのフロアがあり、それぞれコンセプトを持っています。
VRtechが特に注目したのが、6FのEDGEof Creative Studios。
EDGEof Creative Studios
水口氏がコンセプターとして参加しており、すでに慶応メディアデザイン、ライゾマティクスが参画。
今後はサウンドアーティストのEvala氏がプロデュースする音響スタジオも建設予定とのこと。

また7Fは外国メディア向けのmedia Studioとして機能。
外国メディアの記者たち用にシャワールームを設置しており、イノベーションの発信施設を機能していくでしょう。

【関連記事】
The Game Award2016にて「Rez Infinite」 が Best VR Gameを受賞

EDGEof参画のSYNAMONがすごい!

オープニングデイであるこの日、すでにEDGEofに参画しているパートナー企業を中心に先進的なコンテンツを提供する企業のブースが展開されていました。

rez infiniteの最新版の体験ブースも展開されていました


水口氏率いるエンハンス・ゲームズの体験はもちろん、他にも最先端ARゴーグル、またマレーシアやオーストリアなどの政府による起業支援団体など、日本のイベントではなかなか見ることのできないコンテンツばかり。

特に注目したのがSYNAMONが開発したEUTRANSというVR空間を作成ツール。

複数人が同時に接続できるVR空間をいとも簡単に生成することができます。
今後VRが発達していくにつれ、これまで平面だった通信でのコミュニケーションがバーチャル空間で行われることは間違いありません。

EUTRANSといった簡単に空間を生成できるツールが普及していくことで、新たなコミュニケーション方法が確立されていくでしょう。

「EDGEof」はコミュニティーのあり方を再定義するかもしれない

このほかにもVRに様々な親和性を持つプロダクトが複数参加していました。
異業種の交流だけでなく、実際にプロジェクトを立ち上げることで変革のスピードはますます加速していくでしょう。

EDGEofが実現しようとしているのは、企業や営利を超えたコミュニティーの形成、そしてその先にあるイノベーション。

「単独で何かを為す時代というのは終わりかけている」という水口氏の言葉は、このEDGEofのコンセプトのみならず、これまでにはなかった"協力"やコミュニティーの新たな形を表しているのではないでしょうか。

参考/画像出典:Created with Snap EDGEof

-イベント