VR TECH

VRの新しい可能性を模索するメディア

イベント

これからのVRは体で楽しむ!「VRデキル!!BOX」最新VRを体験して感じたこと

2017/06/15

PSVRが発売され、世間一般にも徐々に浸透してきたVR(Virtual Reality:仮装現実)。

様々な分野にも導入され、日々進化の一途を辿り関連市場規模は5年後には20倍以上に達すると予想されています。

そんな業界注目度とは裏腹に、実際に体験している人が少ないことがVR業界の成長においてネックと考える『カジ・コーポレーション』は、全国に展開している『アイ・カフェグループ』の秋葉原にある『アイカフェ AKIBA PLACE店』にVR体験の常設施設『VRデキル!!BOX』を2017年6月12日にオープンします。

今回はその『VRデキル!!BOX』で体験できるVRコンテンツを実際に体験してきたのでご紹介します。

いつでも誰でもVR体験!『VRデキル!!BOX』

「カジ・コーポレーション」が2017年6月12日にオープンする『VRデキル!!BOX』は多くに人にVR体験をしてもらうことを目指し、いつでも誰でも、どんなジャンルでも1ヶ所で体験できることが特徴で、料金も60分で1,080円(税込)ドリンクバー付きと破格のお値段で体験できます。

『VRデキル!!BOX』で体験できるVR機器

VRフィットネスマシン『ICAROS(イカロス)』

VRとフィットネスがまさかの融合を果たしたVRフィットネスマシン『ICAROS(イカロス)』。

ドイツ生まれでなんと日本にはまだ数台しかない大変貴重なフィットネス機器が体験できます。

お値段は7,900ユーロ(およそ96万円)とかなりのお値段。

内容は「The ICAROS Flight」という飛行体感ゲームを楽しみながらトレーニングができるというもので、実際に六本木や銀座の高級フィットネスクラブに導入され話題になりました。

フィットネスクラブでは利用料数万円と高額ですが、『VRデキル!!BOX』でなら割安料金で体感できる太っ腹ぶり!

空飛ぶ快感を感じながら、バランス能力・反射神経・体感の筋肉・集中力が鍛えられるフィットネスとしてもかなり優秀。

体験してみた!


ICAROSですがぱっと見乗るのが非常に不安でした・・・
膝をつけ、肘を乗せ、ハンドルを両手で握ります。


ハンドルの右側にはこんな感じのボタンが付いており、指で操作します。


ライディングスタイルはこんな感じで、身長178cm 体重85kg(推定)の巨漢が乗ってもビクともせずしっかりしており安心です。


空中飛行スタート。
「おっつ、、くぅっ」全身に力を入れ方向を制御するので、体中の筋肉を使います。


(へへっ、慣れてきた、楽し・・・)
体幹でバランスをとるためキツいですが、行きたい方向に行くには徐々にどこに力を入れれば良いかわかってきます。


小柄な女性でもこのように楽しくフィットネスができます。


撮影していた編集者も挑戦。伝わりますでしょうかこの躍動感。

体験してみた感想

これはキツい。いかに運動不足かを容赦なく突きつけられました。

しかし、ゲーム性も高く、夢中になって遊べるので楽しくフィットネスができます。

全身の筋肉を駆使して制御しなければならないため、体幹はもちろん微妙な方向修正にバランス能力が必要だったりと、うまい具合にVRとフィットネスが組み合わさっていました!

これは是非体験してもらい、辛さと楽しさを味わって欲しいですね!


最後にスタッフの方も挑戦。とても綺麗なフォームです。


動画だとより辛さが伝わるのではないでしょうか?

VRライドシュミレーター『SIMVR(シンバ)』

これまでに『カジ・コーポレーション』はVR体験会『VRデキル!!』を開催してきた中でも高い人気だったのが、VRライドシュミレーター『SIMVR(シンバ)』

4軸制御のアクティブなモーション駆動により、細やかな挙動を再現し、微細な揺れも体にフィードバックします。

専用ソフト『BLAST×BLAST』では両手に武器を持ち、直感的な操作で敵を攻撃していきます。

体験してみた!

「これは筋肉は使う必要がないですよ〜(笑)」と案内され着席。

ゴーグルを付け、激しく動くためシートベルトを着用し、武器の操作を一通り教わったら、ゲームスタート。

しょっぱなからガタガタと激しく揺れ振動が体中を突き抜けます。


「ほ〜これはすごい」近未来の街並みをハイスピードで進んでいき、周りを見渡すだけでも感動です。


操作は非常に簡単で振ったり、トリガーを押すだけで、複雑な操作が苦手な方でも楽しめます。


プレイ中の模様です。様々な角度から敵が現れ結構忙しく、手を止める暇がありません。

ライドシュミレーターの『SIMVR(シンバ)』も非常に細かい挙動です。

VR映像・ゲーム視聴(ヘッドマウントディスプレイ)

ヘッドマウントディスプレイを装着し、VR映像やVRゲームコンテンツを体験することができます。

最近は安価なヘッドマウントディスプレイも販売されていますので、ここで体験して購入を検討するのもありですね!

『FOVE×VIRTURAL GATE(ヴァーチャルゲート)』

VIRTURAL GATE(ヴァーチャルゲート)は多くの人に高品質なVR体験を届ける入り口として、日韓のインターネットカフェを始めとする店舗と連携した、世界初の設置型VRコンテンツプラットフォーム。

動画や、ゲーム・アプリケーションは国内外問わず、30社のVRコンテンツメーカーが提供するPC専用のハイクオリティなものでした。

ジャンルも豊富で数も300本以上と多く、今後も続々と追加、更新されていき、その時々の旬なコンテンツを楽しむことができます。

『Gear VR×VR THEATER(VRシアター)』

VR THEATERは全国の複合カフェ、ホテル、カラオケ、ゲームセンター等で気軽にVRを体験できる常設型のサービスで、『攻殻機動隊』や『進撃の巨人』を始めとする常時20種類以上の動画コンテンツを体験することが可能です。

VR THEATER(VRシアター)でしか楽しむことができない限定コンテンツもたくさんあり、有料コンテンツも手軽に楽しむことができます。

『PicoNeoLight×透明少女』

『透明少女』は女の子と突然の出会いから、心の距離が近づき制限時間を向かえての切ない別れと、一連のストーリーを体験できる接写系VR映像です。

近い距離にいる女の子にドキドキしっぱなしで制限時間を向かえても、もう一度会いたくなる(見たくなる)こと間違いなしです。

体験していた方からは「リアルでドキドキするけど、リアルであればあるほど切なくなる。」との声が上がっていました。

体験してみて感じたこと。

視覚や聴覚だけでなく体で感じることで楽しさ倍増!

今まではゴーグルを着用しVR動画を楽しんだり、PSVRのようにコントローラーで操作したりなど主に視覚や聴覚で楽しむものであったVR。

全身を使って操作する『ICAROS(イカロス)』や、映像に合わせて振動や衝撃を体感できる『SIMVR(シンバ)』など視覚・聴覚以外に訴えかけるVRコンテンツは全身で楽しむことができ、終わった後の爽快感や充実感などがこれまでとは段違いでした。

VR酔い改善の難しさ

初期の頃はVR酔いが激しかったものの、最近はVR酔いが発生することが少なくなったようで、確かに体験したどれもVR酔いというものは感じませんでした。

スタッフの方に「VR酔いってどういった改善をなさるのですか?」と質問してみたところ、「正直VR酔いは本当に個人差で、どんなものでも感じない人は感じないし、感じる人は感じるので作る側が改善をするのは不可能に近いんですよ。」

「ただ、VR酔いが発生しにくいようなコンテンツを練ってみたり、気持ち悪くなったらすぐにストップできるようにしたりしています。」とのことで、VR酔いの改善はまだまだ不十分で課題があるようです。

しかし、『ICAROS(イカロス)』は限界まで上に傾ければストップし、『SIMVR(シンバ)』も脇には緊急停止ボタンがあったり、VR酔いの改善は難しいものの快適にプレイできるような配慮が工夫されており、まさに誰でも体感できるものとなっていました。

応用できることは多い!

今回体験したVR技術は日常生活にもかなり応用が効くと感じました。

例えば『ICAROS(イカロス)』でスカイダイビングなどのアクティビティが体験できたらいいなと思いましたし、『SIMVR(シンバ)』で運転免許取得の際のシュミレーションとして導入すれば面白いなぁと思ったり

体で体感できるからこそ、応用できることは多いのではないでしょうか。

今回の『VRデキル!!BOX』体験し、今後のVR市場への興味関心がグッと高まり、これからの技術発展が非常に楽しみになりました。

VRをまだ体験していない方は是非『VRデキル!!BOX』に行き、体中でVRの凄さを体感しましょう!

『アイ・カフェ AKIBA PLACE店』店舗概要

住所

・〒101-0021
・東京都千代田区外神田 3−15−1 アキバプレイス 7-8F
・電話:03-5298-0126
・店舗HP:http://www.kaji-icafe.com/area/kanto/akiba/
・『VR デキル!!BOX』特設ページ:http://kaji-icafe.com/vrdekiru/

最寄り駅

・秋葉原駅(電気街口) 徒歩4分
・東京メトロ末広町駅 徒歩2分

『VRデキル!!BOX』利用方法

営業時間

・10:00〜19:00まで 1回60分の予約入れ替え制

定員

・1回4名(4名を超える申し込みの場合は適時対応)

料金

・60分遊び放題でドリンクバー付:1名1,080円(税込)
※利用するには会員登録をする必要があります。(入会金、年会費無料)

予約

Webからの予約制 予約がない場合は当日利用可

-イベント