VR TECH

VRの新しい可能性を模索するメディア

VRアプリ

【わかりやすく解説!】いま知っておくべき「AR」と「VR」の違い

ARとVRの違いって何?

PSVRも発売されて、一般の家庭でも普及し始めたVR(仮想現実)。昨年大流行の「ポケモンGO」でも使われたAR(拡張現実)。ゲームやイベント、医療や販売などでも、最近ではどちらもますますその活躍の場を広げてますよね!

その盛り上がりになんだか面白いなーなんて注目している私ですが、VRとAR、2つの違いが実はよく分からない!

VRとARについて、今回あらためて詳しく解説していきます!

AR(拡張現実)とVR(仮想現実)

AR(拡張現実)とは、現実世界に仮想の映像を重ね合わせたものです。また、VR(仮想現実)とは 作られた仮想世界に、ユーザ自身が飛び込む・体験するものです。
まだイメージがわかない方もいますよね。それぞれくわしく見ていきましょう。

AR(拡張現実)とは

AR(Augmented Reality)は、「拡張現実」とも呼ばれ、その名のとおり、現実世界で見えるものに一部、CGなどで作った仮想現実を付加(拡張)していくものです。

たとえば、カメラやメガネなどで写して見えるその場の景色に、CGでつくった映像や文字を映し出すことで、現実を「拡張」表現してくれます。

イメージとしてはドラゴンボールのスカウターを使った戦闘力の表示や、デスノートの死神の目を通して相手の頭の上に寿命が映し出されるなど、ああいった感じですね。

ARを使った技術

ポケモンGO

代表的なのは、スマホゲームの「ポケモンGO」ですね。スマホのカメラに映るその場の実際の風景に、ポケモンを映し出すことで、カメラを通して現実世界にポケモンがいるように体感できます。

Google Glass

ARを使った代表的なものとしてはGoogle Glassがありますね。この眼鏡をかけて周りを見るとさまざまな情報が目の前に映し出されます。空を見れば天気、気温、降水量が映し出され、その場から行きたい場所までのルートを瞬時に示してくれます。
その場で見たものの情報を映像に合わせて見れたり、目線にあわせてカメラをとることもできます。

目の前の知りたい情報がより手軽に見ることができますね!

HoloLens(Microsoft)

Microsoft社によるAR関連ではHoloLensはいま最も注目をあつめる商品です。実際に動画を見てほしいですが、まるで映画のような世界です。HoloLensに対応するアプリを使うことでさまざまなことが可能です。


例えば3Dモデリングアプリ「HoloStudio」を使えば、立体物を2Dに落とし込むことなく3Dのままデザインすることができます。360度、よりクリエイターのイメージ通りの立体物をデザインすることが可能になります。

実際の室内にキャラクターを映し出して遊ぶゲームもリアルですごいです!またSkypeアプリをつかえば、空中に浮かべた通話帳を操作し、どこにでもビデオで相手の顔を映しながら対話もできます。相手のみているものを見ることもできます。


動画で見るだけでもほんとなんじゃこりゃって言いたくなりますよね、まるでドラえもんの世界のようです。実際HoloLensを付けたらどうなるのでしょう…。これがあれば現実の世界がより豊かで、魅力的ものになりそうですね!

「IKEAカタログ」

またAR技術は商品販売の場でも活用され始めています。
例えば、家具メーカーのIKEAでは「IKEAカタログ」というスマホ用のアプリの中で、ARによる家具配置のシミュレーション機能があります。この機能は、検討中の家具のCGを自分の部屋に置くことができ、イメージを確認することができます。


手元のカタログを家具を置きたいところに置いて、スマホで写すと、そこから大きさを読み取って実物大の家具の映像をそこに映し出します。
実際に置けるかとかデザインが部屋に合っているかなどを確認できて便利ですよね。

スマホやタブレットを使って

ほかにもスマホやタブレットを通してみる書籍やGoogle翻訳の写した文字をその場で翻訳してくれる「Word Lens」機能(※日本語対応はない)など、ARの特性をいかしたリアルタイムに連動した機能が充実しているようです。

動画では、宇宙関連の本にある人工衛星を立体的に見ることができたり、数学の教科書で図形を立体に映し出し、展開しています。

VR(仮想現実)とは


VR(バーチャルリアリティ)はコンピュータ上に人工的な世界を作り出し、あたかもそこにいる様な感覚を体験できる技術です。

ARが現実が主体であるのに対して、VRはなにもないところにまるで現実かのように世界を作り上げます。なので、目の前の現実から切り離した世界にユーザーを飛び込ませることができます。

こちらの映像を見てみてください。これは「SMART News Agency」という通信社が制作したシリア内戦を伝える「Nobel’s Nightmare」というVRコンテンツで VR用のメガネを着けて見ると、空爆で町の住民が逃げ回る様子や戦争の様子がまるでその世界に入りこんだように実感できます。

このようにVRでは現実から切り離された別の仮想空間を体感することができます。

こんなところでみられるVR技術

VRの技術はさまざまなところに及んでいます。ゲームや動画などより身近な娯楽作品や、医療、産業、教育などの分野などでも実用され始めています。

360度体験・アダルト作品のVR映像

YoutubeやFacebookなどでは、スマホで手軽にVR体験を楽しめるコンテンツ動画があります。動画は視点を動かしながら360度見れるようになっており、「全天球動画」とも言われます。360度より動画の世界に没入して楽しめます。
とくに「360channel」は、非常に高いクオリティで、「バラエティ」「旅行」「ライブ」「体験」「ドキュメンタリー」など6カテゴリーのチャンネルがあり、1本5分~10分前後の番組が20本以上楽しむことができます。
360channel/You Tube 360°Videoチャンネル/Facebook360/ハコスコ
またDMMの参入によってアダルトコンテンツもVRで楽しめるようになりました。こちらの記事を参照してみてください

【関連記事】

DMMがついにVR動画配信開始!おすすめのアダルトVR動画をご紹介!
※アダルトあり※スマホで簡単に再生できるVR動画アプリ・サイト10選

不動産物件のVR内見

不動産の物件案内にもVRが導入されました。こちらは東急リバブルの青葉台センター、三軒茶屋センター、横浜センターの三店舗で実際に見ることができます。
VRによって店舗に居ながら複数の物件を内見し、効率的よく部屋探しすることができます。
実際にいくつもの現地内見をする手間が省けるので、いろんなところに移動して面倒くさくなくていいですね。


【関連記事】
お部屋探しはVRの時代!東急リバブルが「VR内見」システムの導入開始

外科手術のシミュレーション

VRを用いて仮想世界で手術の訓練をするというものです。こちらの動画では実際にがんの手術のシミュレートとしてVRが使われています。
人体を使ったり、実際の現場に行かずとも手術を疑似的に経験できるため、これから日本でも発展していけば、医師の教育に役立っていきますね。

さらには、医療に限らず、他にもさまざまな職業でVRによって職業訓練に活用できますよね。まだまだ実験段階ですが災害現場や人命救助、あるいは軍のトレーニングなどでもシミュレーションとして活用され始めています。

教育現場におけるVR活用


さらには教育の現場でもVRの価値が求められています。昨年、中国で行われたVRによる教育が効果的かという実験が行われ、物理学の授業でVRを使って授業を行った生徒が使わない生徒に比べて点数が高かったという結果が出ました。

より臨場感のある授業によって知識が定着しやすくなります。また語学学習においても、会話の練習などで実際に現地に行かずとも、その環境をVRでシミュレートすることで、より効率的に語学を身に着けることができると期待されています。

宇宙関連など実際に実験などができないものや、抽象的にしか説明できなかった原子構造などもVRでは可視化できるので、、学生は効率的に学ぶことができますね。

VRを楽しむには

2016年はVR元年とも呼ばれ、さまざまなVR商品が販売され、イベントなども行われました。

Oculus RiftやHTC Vive、PlayStation VR(PSVR)など、ハイエンドHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が多数発売されており、今年もVR技術によって360度ゲーム世界を体感できる機会は徐々にですが、確実に増えていくと期待されています!

また、iPhoneやAndroid端末のスマートフォンでもGear VR 、Google Cardboardなど、多彩なウェアラブルVRゴーグルが発売されており、中には安価で手に入るものもあります。

それでもVR関連の商品はまだまだ高額なものが多く、技術的にも違和感があったり未完成といわれています。
VR関連のイベントも多数も開催されています!

アダルトVRイベント「AVRS」が5月3日(水・祝)での開催決定

もし手軽に体感してみたいと思ったら、イベントなどに行ってみてはいかがでしょう!

VRとARの違いまとめ

AR(拡張現実)とは 現実世界に仮想の映像を重ね合わせる
VR(仮想現実)とは 作られた仮想世界に、ユーザ自身が飛び込む・体験する

VRはゲームや動画、ほかにも、エンターテインメントや職業のシミュレーション訓練などでその役割を生かすことになるでしょう。
逆にARはスマホのカメラだけでなくメガネやコンタクトレンズなどのデバイスで、日常生活に必要な情報を届けてくれるでしょう。

どちらもますます発展していくものであるし、さまざまな分野に活用されていくと思います。またVRやARをさらに発展させたMR(Mixed Reality)やSR(Substitutional Reality)といったものまで技術開発が進んでます。
まだ技術的には足らない部分も多く、価格も高いため一般の普及には時間がかかるかもしれませんが、手軽に体験してみたいという方は、スマホの動画やイベントに足を運んでみてはいかがでしょう。

【関連記事】
※アダルトあり※スマホで簡単に再生できるVR動画アプリ・サイト10選
Google EarthがVR対応アプリをリリース!夢の空中散歩を楽しもう

-VRアプリ